小骨チェーサー

「いま話題のニュース」という"素材"を「ひと味加えた逸品」にしてお届けします

「マナー」違う外国人が増える……ホストの国民はどうする?

エスカレーターに乗るとき、関東では右側を、関西では左側を開ける……

日本国内でさえ、「マナー」というものにはこれだけの差があります。

ましてや国が違えば、そこに大きな隔たりが生じるのは当たり前。

 

でも、そんなことは言っていられません。

あと半年もすれば東京五輪海外から、たくさんのお客さんがやってきます

ぼくらはどんな"覚悟"をしておけばいいのでしょうか。

続きを読む

【傘の持ち方】人混みを歩くときは振り回さないで!

きょうは短めです。

さらっと読んで「そうだそうだ!」と思っていただければ本望です。

 

日本列島、このところ「大荒れ」ですね。

普通、真冬にはあまり聞かない言葉だけど。

続きを読む

クイーン来日!あの若々しさは「下の世代への応援歌」だ!

「恐るべき70代コンビ」

としか言いようがありません。

『クイーン+アダム・ランバートのツアー、行ってきました!

ライブの素晴らしさならいくらでも書けますが、今回はファンでない方でも興味を持ってお読みいただけるよう、アンチエイジングの話題で攻めます。

 

クイーンの2人が、いかに年齢を感じさせないプレーぶりだったか。

そして、そんな若さからぼくらが学ぶべきものは何か。

 

続きを読む

夫婦別姓ヤジの主? 杉田水脈議員の"トンデモすぎる"発言録

「今週話題になった人物」と言ったら、筆頭は東出某とこの政治家でしょう。

自民党杉田水脈(みお)衆院議員

記者団が取材を試みるも、電話でずっとしゃべりっぱなし。

……のフリですね、ありゃ。ミエミエだけど。

 

杉田議員と言えば、その「右」ぶりはつとに有名な話。

ということで改めて過去の発言など洗ってみたら、常軌からの逸脱ぶりが半端ない

野党幹部の皆さん。この議員、まともに相手しても意味ないんじゃないのかなあ。

続きを読む

「体操」を習う子は"脳"が発達…「習い事」は大人にも効果あり

子どものころ、習い事って何をしていましたか?

あるいは、お子さんにどんな習い事をさせていますか?


ウチの娘は一時、体操を習っていたのですが、いまや習い事ランキングでスポーツ系の2位になるほど人気なのが、マット運動や跳び箱などの

「体操」

それもそのはず。体操は身体だけでなく、脳の発達も促すという研究があるのです。

 

そして……子どもだけではありません。

「習い事」は、大人の脳も活性化させるというのです。

続きを読む

【追記あり】Google Search Consoleに「問題を検出」された時の対処(自己流)

突然届いた見慣れないメール

件名には

「『モバイル ユーザビリティ』の問題が新たに検出されました」

の文字。

心臓に悪いよ、これ。

きょうはこのメールの正体と、ぼくがどう対処したかについて。

ブログを書いている方、必見です。

続きを読む

クイーン+アダム来日!いま聞くべきアルバム3選

今週末からの来日公演で、またまた盛り上がりそうなクイーン(+アダム・ランバート

これで記事を書いたとき、読者ニーズがあるのかぶっちゃけ迷いましたが、各メディアも採り上げるでしょうし、題材にした映画の大ヒットも記憶に新しい。

ということで、この伝説的バンドが気になり始めた方に向けてお届けいたします。

クイーンのアルバム、いま聞くならこの3枚

続きを読む

「人を感動させる文章」が生まれるために、必要なこと

「世の中って、意外といいところかもしれない」

 

そう思えるほど心を動かされる文章に、先日出会いました。

きょうは、その感動を皆さんにおすそ分けしたくて書いています。

「人の褌で相撲」ならぬ、

「他人の文章で1本」仕上げるようで、少々後ろめたいのですが。

続きを読む

【はてなブログ】気をつけて!リライト後の「カスタムURLに変更」

「うわ!これ、どうなっちゃったんだ!?」

 

もうじき日付が変わろうかという深夜のリビングに響き渡った、ぼくの大声。

何が起きたのかというと、リライトした記事を「更新」しようとして、やってはいけないことをやっちゃったんです。

はてなブロガーの方々に「他山の石」としていただくべく……

今回はぼくの失敗と、それをどうリカバーしたかについて。

続きを読む

新型コロナウイルスで注目「濃厚接触」と『ノルウェーの森』の共通点

とうとう日本でも……と言うべきでしょうか。

新型コロナウイルスの感染患者が、神奈川県で確認されました。

このニュースで急浮上したトレンドワードが「濃厚接触

インパクトたっぷりの単語ですが、これは元々の意味より強いニュアンスで訳されたからです。

「翻訳のさじ加減」によってイメージが左右される……実はこれと同じなのが、名曲ノルウェーの森』です。

続きを読む